「萌え」の意味について、まとめてみました!

さて「萌え」についてまとめてみましょう。とはいっても、あくまでもこのテキスト内の話です。決して、一般的な認識とは違うでしょう。かなり広げた意味の「萌え」になります。お願いはひとつ。付いてきてください。

まず、2次元キャラクターに限定はしません。もっと拡大してみます。「萌え」の要素は誰にでもある…これが前提です。ここで頭の切り替えをしてみましょう。どこにでも「萌え」はあります。

「萌え」はフェチズムでも、趣味の延長でも、マニアとも少し違う表現です。それぞれに似た点はあります。が、ここではあえて分けてつかうことにしましょう。

◆「萌え」の原動力は?

言葉は時代によって変わっていきます。「萌え」も発生した当初とは意味が少し違うでしょう。ここでは日本だけでなく、国外まで進出するかもしれない、という考えで語ります。

「萌え」。それは自分が満足を覚えた瞬間の言葉です。他人の目は気にしません。重要なのは自分という点です。究極の自己満足。それでもかまいません。実際、満足がなければ生まれない言葉ですからね。

人にとって好奇心は大切です。好奇心をなくしたら生活に張り合いがなくなります。「萌え」の原動力は好奇心。この基準でどうでしょうか?それなら「萌え」の幅が大きくなりますよね。

それではさまざまな「萌え」を探しにいきましょうか?あなたに当てはまるものがひとつやふたつあるかもしれません。そういう基準なら、もっと他にあるのに…なんて思う方もいるでしょう。それでOKです!

近年、アニメやゲームといったオタク文化が世の中に浸透し、とても一般的なものとなってきています。
そんな中で、当たり前に使われるようになった「萌え」という言葉。あなたも普段の生活の中で使用したことがあるのではないでしょうか?そして、その気持ちを理解することができる、という方も少なくないでしょう。

しかし、一言で「萌え」と言ってもさまざまなパターンの感情を表現することばであることもあります。
そこで、ここではさまざまな「萌え」について考えてみたいと思います。よく考えてみると、そこにはまだまだあなたの知らない世界が広がっているかもしれません。一度、じっくりとその言葉の意味や、どんな気持ちのことを指すのかをじっくりと考えてみましょう。

◆かわいさを表現する言葉としての「萌え」
まず、「萌え」と言われて真っ先に思い浮かぶのが、女の子などのかわいさを表現する言葉としてのものでしょう。
これがオタク文化の中でのスタンダードな使い方となっていますので、ほとんどの方がこの使い方をイメージするのではないでしょうか?

しかし、少し突き詰めて考えてみると、単に「かわいい」だけでなく、別の意味を含んでいることに気付くのではないでしょうか?
「かわいい」だけでなく、その人の好みをピンポイントでついてくるようなもの…それを「萌え」と表現することが多いはずです。

人によって好みは異なっています。その中で、自分の好みにぴったりと当てはまるものに対して「萌え」という言葉を使うことが多いようです。

◆さまざまな「萌え」について考える
しかし、「萌え」という言葉はさらに広い意味を持つようになってきています。単純にかわいい女の子を指す言葉ではなく、モノなどに対して使われるというケースだって少なくありません。

この「萌え」という言葉は、「好ましいもの」全般に使われることもあるのです。

このように考えてみると「萌え」という言葉はとても幅広く使われていることに気付くことができるでしょう。
あなたにとって「萌え」とは何でしょう?一度しっかりと考えてみましょう。

  • クレジットカード現金化チェキ