電子回路基板萌え

例えば、むかしのテレビは真空管がメインでした。大きかったですよね。現在は薄型です。携帯電話も変わりました。スマートフォンの機能は初期のパソコンを遥かに超えています。すべては基板に乗っている部品の発展によって成り立ってきました。スゴイですよね。

◆電子回路基板萌えのポイント!

基板の設計は綿密な計算によってつくられています。ひとつ間違えるとその製品は動きません。基板の設計は回路図が元になっています。例えとして適当かどうかは疑問ですが、回路図をつくる人がファッションデザイナーで、基板の設計はパタンナーかもしれません。無駄なく配置された基板は機能美にあふれています。

萌えのポイントは、まず、これでしょう。適当につくれられたものではありません。技術者たちが工夫に工夫を重ねた結晶です。当然のように美を感じても不思議ではないでしょう。事実、安く売られているような製品の基盤は「この空間にこれだけしかないの?」と疑問に思ったりするでしょう。

この時点で、あなたは萌えに入り込んでいます。どうです?最新の電化製品の裏側を見てみたくなりませんか?たぶん、目覚めるかもしれませんよ。電子回路基板萌えに。ぜひ、身近なもので確かめてください。