マニア=萌え?

そもそも、マニアという言葉をつかうことが減ったような気がします。どちらといえば「マニアックな本を読んでいるね」や「マニアックな音楽を聴いているんだ」などの方がよく聞かれるかもしれません。

マニアがオタクに変わったのでしょうか?そういう訳ではないと思います。例えばオーディオ・マニアあたりは今でも使われているはずです。オーディオ・オタクは馴染みが薄いですね。他にもマニアでしか表せないジャンルがあります。

◆萌えとマニア

萌という言葉が生まれて、少しずつ広がったあたりなら話は別ですが、現在ではこの萌えとマニアのラインは薄くなっているのかもしれません。無我夢中で何かにハマってしまう点ではよく似ていますよね。

ただ、マニア=萌えにまではなっていないような気がします。どこかで誰か評論家がそのあたりを比較しているかもしれません。ここではあまり気にしないことにします。マニアは萌えに限りなく近いけれども、まあ、そのあたりの厳密なところは専門家に任せましょうという立ち位置です。

細かい点を言い出すとキリがありません。細かい点など一般人にはそれほど関係ないと思っています。そのあたりはゆったりとしたあいまいな感じでいきましょう。

ところで、あなたは何のマニアですか?